冬でも安心|ホイールの役割を知る|デザイン性にも注目しよう

ホイールの役割を知る|デザイン性にも注目しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

冬でも安心

車

道路の状態は天候によって変化し、場合によっては通常よりも車で走行するには危険な状態となることがあります。例えば、雨天時には比較的スリップしやすい状態となりますし、雨の降る量によっては視界も悪くなるのです。しかし、それよりも危険と言えるのは、冬の時期の走行でしょう。降雪時はもちろんなのですが、道路が凍結しているときは特に注意すべきです。雪とは異なり、一見しただけでは凍結しているかどうか判断がつきにくく、かなりスリップを起こしやすいです。このように、冬の時期の走行には高い危険が伴いやすいのですが、タイヤの種類を変えることによって危険を減らすことができます。スタッドレスタイヤは冬タイヤとも呼ばれており、雪道や凍結した道路でもスリップを起こしにくく安心して運転をすることができます。さらに、雪道でもチェーンを装着する必要がなくなるので、手間も掛かりません。ただし、豪雪地帯など積もる雪の量がかなり多い場合にはチェーンが必要となりますので注意が必要です。また、冬が終わってもスタッドレスタイヤをそのまま使用することも可能です。ただし、雪の上や凍結した道路ではスリップを起こしにくいのですが、通常の雨などで濡れた道路ではグリップ力が落ちてしまうために注意して運転することが求められます。そのため、最もおすすめなのは冬と夏でタイヤを付け替えるということです。スタッドレスタイヤはきちんと保管すれば5年ほどは使用することができますので、冬が終わったら通常のタイヤに付け替えて保管しておくとよいでしょう。危険が多い冬の時期の運転は、スタッドレスタイヤを使用することをおすすめします。